スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

竜頭を巻きに。

なんだか心の中に溜まったたくさんの枯れ葉や落ち葉を
かき集めて、焚き火にくべに行ってきました。

久々のコンサート。 竜頭を巻きに。

takibi2

 『君と焚き火とオーディナリーLIVE』

    伊勢正三 / 馬場俊英

   於:大阪フェスティバルホール


会場に駆けつけた約3,000名の心の枯れ葉や落ち葉が
たくさん集まったようで、囲んだ焚き火はよく燃えたようです(笑)。


こういうスタイルでのコラボステージは初めてだったし、
往年の大アーティスト・子供の頃に憧れた正やんなのですから
このコンサートは、とても愉しみでした。

takibi5takibi4
約五年の歳月をかけて、リニューアルされたフェスティバルホール。
若い頃から何度も足を運んだことのある、このホールも
豪華な面持ちで変貌を遂げていて、シンジラレナイ姿でした。


日本一のホールと呼ばれる由縁を感じます。



昔からの正やんの勝手な印象というのは、ボーカルというより、
曲を作られる人、素晴らしい詞を描く人…というのが大きく、
あまりお喋りをする場面をみたという記憶がなかった。
とても寡黙な、ダンディなという、そういう印象だったかな。


今回初めて、ステージを拝見して、
勝手な印象が、本当に勝手だったんだな!と想わされました(笑)。
とても愉しいお喋りをされ、オモシロイ人。
歌や演奏は、想いっきり力の入った素晴らしいものでした。
何より 「僕よりも随分若い馬場くんに見習うことがあるよね。」と
いうような台詞が何度も発せられました。
子供の頃の馬場さんが憧れを抱いた大アーティストから
認められ、こうして同じステージに立ち、大曲をコラボできた
馬場さんの心内を想うと、心が震えます。

いきなりの「雨の物語」から始まり、
「なごり雪」「22才の別れ」「君と歩いた青春」「海風」
「ささやかのこの人生」…。

馬場さんが、チョイスされたセットリストも
私的には、かなりぐっときました。

「明日の旅人」「ただ君を待つ」「青春ラジオ」「今日も君が好き」
「スーパーオーディナリー」など。 あと何あったっけ♪?(^_^;)

3時間半強くらいあったのかな。
素晴らしい時間でした。

枯れ葉や落ち葉は、ここへ置いてきたから
少しは軽くなったでしょうか。
竜頭も巻けたから 正常に時を刻んでゆけますように。



和歌山からは、S子さん母娘がお供くださいました。
会場にて、久々に岡山のKちゃんと会うことも叶いました。
共に、同じ空間で同じ時を過ごせましたね、よかった。

tanikuchan
S子さんから戴いた多肉ちゃん。
可愛く仕上げられていて、びっくり。 ARIGATO!
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

ruru nanairo

Author:ruru nanairo
ruruなないろです。
編み物大好きで
シンプル&ナチュラル
~大人可愛い~を
追いかけています。
創り上げた作品や自分に
とっての嬉し愉しいを綴って
ゆけるバショ。
珈琲でも飲みながら
のんびりしていってくださいね。

line
カテゴリ
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
22.4.2
line
検索フォーム
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。